代表メッセージPresident's message

『品質の安定供給と真心のこもったモノづくり』のために

代表取締役社長 山口 芳基

代表取締役社長山口 芳基

当社は、昭和8年、創業者である古田三七郎が、潤滑油「グリース」を販売する会社として“古田事務所(のちの日本ペトロリアム商会)”を設立したことを基盤とし、昭和の激動期を(株)日本礦油商会、(株)日本礦油と社名変更し、歩んでまいりました。平成24年4月には、さらなる飛躍と石油産業の発展に貢献すべく、ご愛顧いただいております製品名「ニッペコ」を誇りに“株式会社ニッペコ”へと社名を改めさせていただきました。

これまで当社では、西日本に岡山工場、東日本に千葉工場を整備し、日本国内はもとより海外へも、安定して製品供給できるインフラを整えてまいりました。

製品を安定的かつ継続的に供給することは、我々メーカーの使命であると考えております。近年のグローバル化の進展に伴い、国内外からのお客様のニーズに迅速にお応えするため、また製品の安定供給と研究開発に更なる磨きをかけるため、日々、全社一丸となって一生懸命に努力してまいります。

これからも益々、『品質の安定供給と真心のこもったモノづくり」を常に志し、お客様の役に立てる会社を目指してまいります。今後とも、なお一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。